ラロッシュポゼのリピカサンデAP+は優しく洗い上げる全身洗浄料

ラロッシュポゼの「リピカ サンデ AP+」

リピカ サンデAP+icon

 

2017年3月15日に発売されたラロッシュポゼの「リピカ サンデ AP+」をいただきました。

「リピカ サンデ AP+」は、ボディもフェイスも洗える敏感肌のための全身洗浄料です。

ラロッシュポゼの「リピカ サンデ AP+」

 

季節の変わり目や汗をかく夏になると敏感肌がより敏感になって、いつも使っている刺激の少ないボディソープでも強く感じます。

敏感肌の事を考えてくれているラロッシュポゼから、全身洗浄料が発売されたのはうれしいです。

 

 

 「リピカ サンデ AP+」を使ってみました

「リピカ サンデ AP+」を使ってみました。

ラロッシュポゼの「リピカ サンデ AP+」

 

手が小さい管理人は、液状のボディソープを手にのせると、手の平からボディソープが流れ落ちてしまう事があり、そのたびにもったいないなと思います。

「リピカ サンデ AP+」は適度な粘度があって、流れ落ちることなく手の平に留まってくれます。

乳液のようなとろみ感のある洗浄料です。

色も乳液のような乳白色をしています。

 

 

無香料がいいね

香りブームで、いろいろなものに香りが付いているのが人気のようですが、香りに敏感なので、合成香料の香りが苦手です。

洗い流してしまうボディソープも、合成香料を使っていないものを選んでいます。

「リピカ サンデ AP+」は無香料なので、使いやすいです。

 

 

柔らかい泡で体を洗い上げる洗浄料

「リピカ サンデ AP+」を手で泡立てみました。

ラロッシュポゼの「リピカ サンデ AP+」

 

ものすごく泡立つという洗浄料ではないようです。

体を洗うときには泡立てネットを使ったのですが、柔らかい泡ができあがりました。

「リピカ サンデ AP+」は生後3か月の赤ちゃんから使用できるということなので、柔らかい赤ちゃんのお肌に合った泡なのでしょうね。

 

 

泡切れが良い

「リピカ サンデ AP+」の泡は、シャワーで洗い流すと

”あれ?もう体に泡が付いていない!”

泡切れがすごく良いのです。

 

ボディソープによってはシャワーを浴びても泡が体にまとわりついて、なかなか泡が体から洗い流せないものがあります。

ソープが体に残っていると肌トラブルの原因になるので、

”もう大丈夫!ソープが体に残っていない”

と納得するまで、シャワーを浴びています。

 

「リピカ サンデ AP+」は、今までの半分の時間シャワーを浴びるだけで済みました。

 

 

洗い上がりはしっとり

「リピカ サンデ AP+」の洗い上がりは、お肌がしっとりしています。

脚の脛や甲は乾燥しやすいのですが、ボディローションを使わなくても大丈夫でした。

「リピカ サンデ AP+」には、天然由来の保湿成分「シアバター」が配合されているそうです。

 

 

 ”あせも”対策に使いたい「リピカ サンデ AP+」

子どもの頃には無縁だった”あせも”に、ここ数年夏に悩まされています。

”あせも”ができたお肌は乾燥して痒く、お肌の抵抗力が下がるようで、”あせも”ができ始めるとどんどん悪化してしまいます。

お肌の細菌バランスが悪くなるのでしょうね。

「リピカ サンデ AP+」は、お肌の細菌バランスを整えるラロッシュポゼ独自の成分が配合されているそうです。

今年の夏は、同じく”あせも”で悩む母と一緒に、「リピカ サンデ AP+」で”あせも”対策をします。

 

 

ラロッシュポゼの全身洗浄料「リピカ サンデ AP+」は、400mlで3,300円(税抜き)です。

 

詳細はこちら → <リピカ サンデAP+

 

公式サイトはこちら → <ラ ロッシュ ポゼ

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る