ドクターケイのクレンジング『ケイカクテルV』でクレンジングのお悩み解決

ドクターケイのクレンジングジェルクリーム『ケイカクテルV』をいただきました。

ドクターケイのクレンジングジェルクリーム『ケイカクテルV』

ケイカクテルVクレンジングジェルクリーム

 

クレンジングのお悩みはありませんか?

私はあります。

1つ目は、アイライナーの落とし残しがある事です。

ウォータープルーフをアイライナーではないのですが、涙でも落ちないアイライナーを使っているので、クレンジングと軽く馴染ませるだけでは落ちないのです。

敏感肌なので、強いクレンジングは使いたくはないのです。

お肌に優しくて、アイライナーもしっかり落としてくれるクレンジングが望みです。

 

2つ目は、洗い流してもお肌に残りやすい事です。

クレンジングをした後に水やぬるま湯で洗い流しても、お肌のクレンジングが残ってしまうのです。

 

3つ目は、お肌に負担がかからない事です。

敏感肌なので、クレンジングでお肌にトラブルがでるのは困るのです。

 

いただいたドクターケイのクレンジングジェルクリーム『ケイカクテルV』を使ってみたビックリ!

クレンジングの悩みが解決するクレンジングなのです。

 

 

 アイライナーもスルリと落とせる

ドクターケイのクレンジングジェルクリーム『ケイカクテルV』は、落としにくいアイメイクなどのポイントメイクも、お肌に負担をかけることなく落とすことができます。

左からファンデーション、口紅、マスカラ、アイライナーです。

ドクターケイのクレンジングジェルクリーム『ケイカクテルV』

 

『ケイカクテルV』をお肌にのせて指で軽くクルクルさせるだけで、クレンジングでは落としにくい口紅やマスカラ、アイライナーが、クレンジングとどんどん馴染んでいきます。

kei1cleanjing0002

 

ドクターケイのクレンジングジェルクリーム『ケイカクテルV』

 

『ケイカクテルV』はジェルタイプほど固くなく、クリームタイプほどべたつき感がありません。
お肌の上を指が滑っていくような感じです。

 

 

 あっという間にお肌からオフ

『ケイカクテルV』でクレンジングしたあとは、軽く洗い流すだけでお肌からクレンジングがなくなります。
クレンジングの後、ティッシュで軽く拭き取っただけでも、お肌はこんなにキレイです。

ドクターケイのクレンジングジェルクリーム『ケイカクテルV』

 

ドクターケイのクレンジングジェルクリーム『ケイカクテルV』

 

 

 お肌に優しい植物性の活性剤を使用

ドクターケイのクレンジングジェルクリーム『ケイカクテルV』には、お肌への負担をかけないために、植物性の活性剤を使用しています。
メイクだけでなく、大気汚染物質も吸着してお肌から除去してくれます。

 

 

 スキンケアもするクレンジング『ケイカクテルV』

ドクターケイのクレンジングジェルクリーム『ケイカクテルV』は、スキンケアまでしてくれるクレンジングです。

美肌作りに欠かせない成分と言われているビタミンCを中心に、カクテルビタミンクリーンというドクターケイ独自のビタミン(VA、VB6、VB12、VC、VE、VP)が配合されています。

コラーゲンを配合しているクレンジングを使用した事はありますが、こんなに多くのビタミンが入っているクレンジングは初めてです。

クレンジングで洗い流してしまうのがもったいないです。

 

 

 香りに癒されながらクレンジング

『ケイカクテルV』は、オレンジラベンダーの香りです。
包み込むような心地よい香りは、お肌からメイクを取り除くように、疲れた心を癒してくれます。

 

ドクターケイのクレンジングジェルクリーム『ケイカクテルV』

 

 

 ドクターケイについて

ドクターケイは、青山ヒフ科クリニック院長先生と共同開発したスキンケアブランドで、ドクターズコスメとして多くの女性雑誌などにも取り上げられています。
ドクターズコスメというと、お肌に優しい、敏感肌でも使えるなど、お肌を守るコスメが多いのですが、ドクターケイのコスメは、高機能で使い心地の良い、積極的に美肌を追及していくコスメだそうです。

 

 

ドクターケイのクレンジングジェルクリーム『ケイカクテルV』は、いままでのクレンジングとは違った感触のクレンジングです。

メイクの落ち具合、サッと洗い流せる心地よさ、クレンジング後のお肌のしっとり感、初めて出会ったクレンジングです。

 

『ケイカクテルV』は、200gで4,500円(税抜き)です。

 

詳細はこちら → <ケイカクテルVクレンジングジェルクリーム

 

公式サイトはこちら → <ドクターケイ

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る