雨の日が待ち遠しくなるクロックスのレインシューズ「レインフローブーツ」

履く機会の少ないけれど、用意しておいた方が良いのがレインシューズ(長靴)です。
クロックスの2014年春夏新作発表会で、軽くて柔らかいレインシューズ「レインフローブーツ」を見つけました。

今までのレインシューズ(長靴)とは全く違ったレインシューズです。

オレンジ色のように見えますが、実際の色はレッドです。

クロックスレインブーツ

 柔らか素材で歩きやすい「レインフローブーツ」

レインシューズの素材は、雨が染みてこないようにビニール系の素材が多く、硬くて重くて歩きづらいものと思ってあきらめていました。

ところがこのクロックスのレインシューズ「レインフローブーツ」は、軽くて柔らかい!

見てください!
こんなに柔らかいのです。

クロックスレインブーツ

ロングのレインシューズの場合、筒の中に足を入れて歩いているようで、ロボット歩きのようになってしまい、足が疲れやすいのが難 点でした。
この「レインフローブーツ」は柔らかい素材なので、ロングのレインシューズでも歩きやすそうなのが良いです。

クロックス公式サイト → <レインコレクション

 ロングレインシューズでもラクラク着脱

ロング丈のレインシューズは、履いたり脱いだりするのが大変ですよね。

「レインフローブーツ」にはジッパーが付いていないので、この点がマイナスポイントだと思っていたのですが、着脱が楽にできるよ うに、レインシューズの左右にシューズを引っ張り上げる取っ手のようなものが付いています。

クロックスレインブーツ

取っ手は下に折り曲げる事が出来るので、歩いているときに邪魔にはなりません。

レインシューズの素材が柔らかいので、ジッパーが無くてもこの取っ手だけでもスムーズに着脱できます。

 大雨でも安心!雨が入らない工夫があります

大雨になると、ロングのレインシューズでも、上から雨が入ってくることがあります。
これでは、レインブーツを履く意味がありませんよね。

「レインフローブーツ」は、レインシューズの上から雨が入ってくるのを防ぐために、シューズをさらに長くできるように工夫されて います。

画像を見てください。
シューズの中から出てきています。

クロックスレインブーツ

 滑りにくい工夫の靴底

雨の日は、道路や駅、ショッピングセンターなどの床が滑りやすくなりますよね。

クロックスのレインシューズ「レインフローブーツ」の靴底は、滑りにくいように溝がしっかり入っています。

クロックスレインブーツ

気分が重くなりがちな雨の日だから、赤いレインシューズで気分をアップさせるのも良いですね。

クロックス公式サイト → <クロックス公式オンラインショップ

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る