アシックスのGIROはバレエシューズのデザインでスニーカーの履き心地

 

スカートやワンピースにも合うデザインのウォーキングシューズの「GIRO・WG576C」をご紹介します。

アシックスGIRO

アシックスの「GIRO・WG576C」は、見た目はお洒落なバレエシューズですが、足を入れるとスニーカーを履いているような履き心地です。

試し履きをしてみましたので、履き心地をレビューします。

 

アシックスGIRO

 

 

 足を入れると気持ち良い!

アシックスの「GIRO・WG576C」に足を入れると、とにかく気持ちが良いのです。
足の裏が喜んでいるという感じです。

 

衝撃を和らげるソール

アシックスGIRO

「GIRO・WG576C」には、アシックスのウォーキングシューズに使われているP-GELという発泡シートタイプが踵についているそうです。
また、着地したときに衝撃を和らげ、高い反発力で足を蹴りだす力を作り出すスピーバというアシックス独自の素材が使われているそうです。

 
足を包み込むようなフィット感

「GIRO・WG576C」を履いたときに感じたのが、足を包み込むようなフィット感の良さです。

足幅が狭いので、サイドが開いたり踵がブカブカすることが多いのですが、「GIRO・WG576C」はとてもフィット感が良いのです。

アシックスGIRO

足を入れると気持ち良いとかんじるのは、衝撃を和らげるソールと、足を包み込むようなフィット感があるからだと思います。

 

 

 服装を選ばないデザイン

アシックスの「GIRO・WG576C」はシンプルなデザインですが、トウの部分のリボンがおしゃれです。

アシックスGIRO

また、トウと踵には素材感の違うものが使われていて、ポイントになっています。

お色も定番のブラックの他に、ゴールド、シルバーなどがあり、パールのような光沢があります。

ヒールが2.5㎝あるので、フラットシューズよりも歩きやすいです。

アシックスGIRO

カジュアルな服装に合わせても、セミフォーマルな服装にも合わせられるので、レストランでのお食事会や観劇などにも履いていけます。

海外旅行に持って行っても良いですね。

 

履き心地が良いシューズなので、1足持っていると重宝すると思います。

ただ残念なことは、幅が2Eのみだという事です。

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る