MOSKITO(モスキート)でゲーム感覚で飛行機を操縦しよう

MOSKITO(モスキート)

巷ではドローンが大はやりですが、大空を飛ぶのは翼を広げた飛行機ですよね。

MOSKITO(モスキート)は、スマートフォンを使って簡単に操作できる小型飛行機です。
ロフトの独占販売だそうですよ。

MOSKITO(モスキート)
Moskito モスキート CLV-622

本体の重量はたった18g、発砲ポリプロピレン素材で作られています。

設定はブルートゥースをつないで、アプリをダウンロードするだけ。
お子様でも操作できるので、家族みんなで楽しむ事ができます。

スマホの表示が「FLY NOW」と出たら、いざテイクオフ。

MOSKITO(モスキート)

 2種類の操作方法で楽しめる

MOSKITO(モスキート)は2種類の操作方法ができます。

1つはチルトモードです。

MOSKITO(モスキート)

チルドモードは、スマートフォンの傾きに合わせて尾翼が傾きますので、直観的に操作ができるモードです。

もう一つはジョイスティックモードです。

MOSKITO(モスキート)

付属のジョイスティックをスマートフォンの画面に取り付けると、まるでゲーム感覚で操縦することができるモードです。

MOSKITO(モスキート)

 選べる3つのレベル

操作が簡単とはいえ、慣れるまでは難しいですよね、

MOSKITO(モスキート)には、ビギナー・ミドル・エキスパートの3つのレベルがあります。

まずはビギナーから始めて、操作に慣れたらミドル、エキスパートに挑戦です。

 場所を選ばず楽しめます

MOSKITO(モスキート)は、飛行規制は厳しい一般的なドローンと違い、安全が確保できる場所であれば場所を選ばず遊べます。

 スペックについて

飛行時間:12分
最高高度:60m(200feet)
充電時間:20分
電池:Li-Po 80mAh
ワイアレス装備:Bluetooth Smart

詳細はこちら → <Moskito モスキート CLV-622

公式サイトはこちら → <ロフトネットストア

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る