• 2016.4.10
  • ほうれん草をシャキッと保存!米ぬかからできたフェリシモのジップバッグ はコメントを受け付けていません。

ほうれん草をシャキッと保存!米ぬかからできたフェリシモのジップバッグ

特売で買ったほうれん草。
使いきれなかったほうれん草。

冷蔵庫に保存して、使おうと思ったときには”シナシナ”・・・

葉物野菜を新鮮な状態で保存するのは、難しいですよね。

こちらのほうれん草を見てください。
1週間前に買ったということなのですが、見えないですよね。

米ぬかからできたフェリシモのジップバッグ

フェリシモの『米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ』に入れて保存していたそうです。

米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ

『米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ』に使われている米ぬかの成分が、野菜の鮮度を保って、長持ちさせてくれるということです。

米ぬかには抗酸化作用があり、美容に良いと言われていますが、野菜の鮮度も保ってくれるのですね。

あっぱれ!米ぬか

 

 抗菌作用のあるジップバッグ

米ぬかに含まれているフェルラ酸という成分には、黄色ブドウ球菌や大腸菌への抗菌作用があるそうです。

黄色ブドウ球菌や大腸菌といえば、代表的な食中毒の原因ですよね。

新鮮な状態で保存するのも大切ですが、安全な状態で保存することはもっと大切です。
『米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ』は、その両方を持ち合わせたスーパージップバッグですね。

米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ

 

 

 こんな使い方をしたい

米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ
『米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ』は、ほうれん草や小松菜などの葉物野菜をそのまま保存するのも良いですが、カット野菜を保存してもいいですね、

キャベツや人参、ピーマンなどをカットして1回で使う量をジップバッグ保存しておけば、忙しいときでも冷蔵庫から取り出して洗えば、すぐに使えます。
野菜をカットする時間はけっこうかかるので、あらかじめカット野菜にして保存しておくと、時間短縮になります。

カット野菜は菌の発生が心配になりますが、『米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ』は抗菌作用もあるジップバッグなので安心です。

 

 心憎い工夫があるよ

フェリシモの『米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ』は、洗って何度も使うことができます。
ジップバッグを洗ったとき、どうやって乾かしますか?

洗濯バサミを使ったり、口を下にしてそのまま立てかけたり・・・

些細なことなのですが、困りますよね。

『米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ』には、上に穴が開いていて、ひっかけて乾かす事ができます。

米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ
使う人の事を考えた、心憎い工夫ですよね。

【商品詳細】
セット内容 / ジップバッグ5枚(同色)
素材 / ポリエチレン、米ぬか
サイズ / 縦約29cm、横約34.5cm、厚さ約0.04mm
※耐冷温度-30℃
※電子レンジ使用不可
(日本製)

 

 フェリシモの「コレクション」について

フェリシモの「コレクション」は、申し込んだ商品が、色柄・デザイン違いで毎月1回届く定期便です。
『米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ』も、毎月1回届く「コレクション」の『米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグの会』です。

「コレクション」は色やデザインを指定して届けてもらう事はできまませんが、どんなものが届くのか、楽しみですね。

『米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ』は、毎月1回、4種類の中から、ローテーションで、1種類ずつ届きます。

 

一度注文したら、ずっと買わないといけないの?
いえいえ、そんなことはありませんよ。
定期便であっても、1回だけ、商品ひとつだけで、やめることはできます。

 

『米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグの会』は、月1セットで650円(+税)です。

詳細はこちら → <フェリシモ 鮮度の違いに納得 米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグの会

 

2016年4月30日まで、初回お試し価格 600円(+税)のキャンペーンをやっています。

詳細はこちら → <フェリシモ 鮮度の違いに納得 米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグの会

 

公式サイトはこちら → <FELISSIMO フェリシモ

 
リンクシェア レビュー・アフィリエイト

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る