• 2014.9.5
  • 日経ヘルスにベルメゾンの「蒸ししょうがパウダー」が紹介されました はコメントを受け付けていません。

日経ヘルスにベルメゾンの「蒸ししょうがパウダー」が紹介されました

日経ヘルスの2014年10月号の「Trend&News」(P8)に、ベルメゾンの「蒸ししょうがパウダー」が紹介されました。

「蒸ししょうがパウダー」は、7月に開催されたベルメゾンの「冷えとりセミナー」で、サンプルをいただいて試しました。
こちらがサンプルでいただいたものです。

蒸ししょうがパウダー

蒸ししょうがパウダー

蒸ししょうがパウダー

普通のしょうがパウダーに比べて色が濃いと思いませんか?

 

 

 「蒸す」ことで辛み成分がアップ!

ベルメゾンの「蒸ししょうがパウダー」は、徳之島産のしょうがをパウダーにしたものです。
しょうがを蒸すことで、しょうがの辛み成分「ショウガオール」の含有量が約2倍にもなるそうです。

 

 

 カラダがポカポカ!「蒸ししょうがパウダー」

ハーブティーショップで購入したパウダー状のしょうがや、料理用のパウダージンジャーと比べて、ベルメゾンの「蒸ししょうがパウダー」は辛みが強いです。
しょうがの辛みが好きで、紅茶にもたっぷりいれて飲んでいますが、ベルメゾンの「蒸ししょうがパウダー」は、ほんの少しで十分すぎるほどの辛さです。

飲んだとたんに、カラダがポカポカしてきます。
寒くなるシーズンにはぴったりです。
辛みが強いので、料理に使う時には注意してくださいね。

 

 

細かいパウダー状で使いやすい

香辛料で販売されているパウダージンジャーは、粒が少し大きいものがあります。
料理に使うのには良いのですが、紅茶に入れて飲むと、かき混ぜながら飲んではいるのですが、下にしょうがが残ってしまう事があります。

ベルメゾンの「蒸ししょうがパウダー」は、粒子が細かいパウダーなので、紅茶やスープに入れても飲みやすいです。

 

しょうがは風邪の予防にもなりますので、積極的にとりたい食材です。

 

公式ページはこちら → <蒸ししょうがパウダー瓶入り(1回お届け)

ベルメゾンネット

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る